【半分は謎肉】サブウェイのチキンをDNA鑑定したら鶏肉は半分しか入ってなかった

スポンサーリンク

カナダ放送協会CBCがファーストフードチェーン店SUBWAY(サブウェイ)のローストチキンをDNA鑑定したところ、鶏肉はたったの50%しか入っていなかったことが判明

通常飲食店で出されるチキンは調味料や添加物などで味付けされているため、「鶏肉100%」という結果が出ることはまずない。しかし今回検証した5店舗中4店舗がそれに近い数値を出していた。

一方SUBWAYのチキンは”考えられないほど低い数値”を示したため、研究チームは再検証をかねて「2種類のチキンを新しく5個ずつ注文し直した」という。その平均を割り出したところ、不当表示ともとれる数値が出てきたのだ。

ファーストフード店 チキンDNA鑑定の結果
・A&W/チキングリル[鶏肉89.4%]
・ウェンディーズ/グリルチキン[鶏肉88.5%]
・ティムホートンズ/チキングリル[鶏肉86.5%]
・マクドナルド/カントリーチキン[鶏肉84.9%]
・サブウェイ/ローストチキン[鶏肉53.6%]
・サブウェイ/てり焼きチキン[鶏肉42.8%]


・ネットの反応

サブウェイ「鶏肉は半分だけ入れました」wwwww


これは酷いww正直マクドナルドが勝つとは思わなかったわwww


>当社のチキンはすべて100%鶏の胸肉を使用
そりゃ本物の鶏肉は使ってるだろ。でもそれ以外に入ってるものが多すぎって話


レゴブロック建築で赤1個と黄100万個のブロックを使ったとして
「100%赤色のレゴブロックを使用した」は間違いではないってのと同じだよな


サブウェイ広報はこんな言い方で俺たちを騙せるとでも思ってんのか?


ヘルシー路線何だから別によくね?wwww
野菜も美味いし俺は食い続けるよ!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です