Astropadの使い方

スポンサーリンク

iPadアプリ「Astropad」は、Mac上の操作をiPad上で操作するためのアプリです。液晶タブに近い操作性を実現できます。

接続

Wifi接続とUSB接続がありますが、Wifi接続でも遅延を感じる事無く動作している印象です。
同じwifiに接続していれば、Macとiadが同一ネットワークと認識してくれるようで、それぞれのアプリを起動すれば、特に設定をしなくても接続されます。

表示範囲

Mac側でもiPadでも、表示範囲は調整可能です。とりあえずフルスクリーンにしておいて、必要に応じて拡大縮小するのが、使い勝手が良さそうです。

macと外付けモニターを接続してデュアルモニター環境にしておけば、iPadの表示領域全てを、描画領域にすることもできます。
Astropadで表示するモニタをメイン/サブのどちらにするか選択するには、mac上でAstropadを起動し、メインにするモニタへとカーソルを持っていき、「こちらをAstropadで使用する」みたいな英文のボタンをクリック。

白いリング

iPad上では、画面上に白いリングが表示されます。これを使用し、拡大縮小や移動、メニュー表示などが実現します。
一本指でドラッグ:移動
二本指でピンチ:拡大縮小
クリック:メニュー表示をON/OFF

白いリングをドラッグすることで、じゃまにならない位置に移動できます。

スポンサーリンク

シェアする